コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

お多福庵(初代) おたふくあん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

お多福庵(初代) おたふくあん

?-? 江戸時代後期の陶工。
天保(てんぽう)年間(1830-44)京都醍醐(だいご)で,万古(ばんこ)焼を模して手づくねの茶器,酒器を製作した。2代お多福庵が,安政2年(1855)ごろまでつくったとされる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

お多福庵(初代)の関連キーワード天保陶工

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android