コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かぎ針編 かぎばりあみ

1件 の用語解説(かぎ針編の意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

かぎ針編
かぎばりあみ

編物のうち、棒針編と並ぶ手編みの一種類。1本の針から美しい編み地を無限につくりだすことができる。先がかぎ形になっている編み針に糸をかけて、引き出したループを1目ずつ編成しながら進み、編み地をつくる。鎖(くさり)編、細(こま)編、中長(ちゅうなが)編、長(なが)編などを組み合わせて模様をつくる。やさしくフェミニンなのは方眼編やネット編。松編は美しく暖かい。七宝(しっぽう)編やシェル編は春先の薄物に適している。また玉編はベビー物などにふさわしい。そのほか、編み目を交差させる交差模様、編み地の縁(ふち)回りなどに編み付けるピコット、凹凸感のあるパプコーンなど、技法も多彩である。
 かぎ針の素材は、竹、角(つの)、金属などがあるが、現在ではおもに金属が使われている。号数はかぎの部分の太さを示し、1/0~8/0号まであり、数字の多いほうが太く、糸の太さにあわせて使用する。[河合貴代美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のかぎ針編の言及

【編物】より


[手編と機械編]
 編物は大別すると手編物と機械編物に分けられる。手編物とは,棒針編(ニッティング),かぎ針編(クロッシェ)と,その両方の特徴を生かしたアフガン針編,手編機(家庭用編機)などによって作られる編物をいい,解くと元の糸に戻る成型編がほとんどである。手編は針の太さにより,編地の粗目,細かい目が決まる。…

※「かぎ針編」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

かぎ針編の関連情報