コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かく かく

大辞林 第三版の解説

かく

( 動五[四] )
〔「 搔く」と同源〕
体内にある汚いもの、好ましくないものを外に出す。 「走ったものだから汗を-・いた」 「いびきを-・く」 「恥を-・く」
好ましくないことをする。 「ほえづら-・くな」 「べそを-・く」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

かくの関連キーワード掻き毟る・搔き毟るパースピレーション生き恥を曝す行観(2)匂い/臭い中久著呂角田二口蓋然率眉書き確たる角封筒三角形政客墨客脇汗飄客棋客訪客角界家訓

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

かくの関連情報