字形(読み)じぎょう

精選版 日本国語大辞典「字形」の解説

じ‐ぎょう ‥ギャウ【字形】

〘名〙 (「ぎょう」は「」の呉音) 文字の形。じけい。〔文明本節用集(室町中)〕
※授業編(1783)一「和刻の古板の方などは本文の(ジキョウ)細小にして註にまぎれ、童子輩よみにくし」

じ‐なり【字形】

〘名〙 文字のかっこう。じけい。また、文字にあらわした様子。
※中華若木詩抄(1520頃)下「軽薄は、字なりは、軽く薄なり。人の軽忽にして、実もなく、をちつかぬありさま也」

じ‐けい【字形】

〘名〙 文字のかたち
※名語記(1275)五「四十八をあはせて、字形とせり」 〔盧綸‐送李校書赴東川詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の字形の言及

【文字】より

…表意的とか表音的とかいう性質は体系としての〈文字〉についてみられるのではなくて,それぞれの体系を構成している個々の要素である〈字〉についていわれることなのである。 文字体系を構成するこの個々の字については,〈字体〉と〈字形〉という区別が問題とされる。字は具体的な形をもって実現されるが,それは書き手のちがいにより,また同一の書き手にあっても,1回ごとに異なる形で実現される。…

※「字形」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android