きらずまめし

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

きらずまめし


大分の郷土料理で、はまちやぶり、まぐろなどの魚の身を小さく切り、しょうゆに浸したものを、しょうゆやかぼすのしぼり汁などで調味したおからと混ぜあわせたもの。◇「きらず」はおから、「まめし」はまぶす意。

出典 講談社日本の郷土料理がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android