コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大分 オオイタ

6件 の用語解説(大分の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おおいた〔おほいた〕【大分】

九州地方北東部の県。もとの豊後(ぶんご)国全域と豊前(ぶぜん)国南部にあたる。人口119.6万(2010)。
大分県中部の市。県庁所在地。もと豊後国府の地で、府内とよばれた。戦国時代は大友氏の、江戸時代は大給(おぎゅう)氏らの城下町。別府湾岸は重化学工業地域。人口47.4万(2010)。

だい‐ぶ【大分】

[名・形動]数量や程度がかなり多かったり進んでいたりすること。また、そのさま。相当。だいぶん。「彼が去って大分になる」
「おそらく北向の―の沖を越えて」〈緑雨おぼろ夜〉
[副]思ったよりも数が多かったり、程度がはなはだしかったりするさま。相当。ずいぶん。だいぶん。「本を大分買った」「今日は大分寒い」
可成(かな)り[用法]

だい‐ぶん【大分】

[名・形動]だいぶ(大分)」に同じ。
「それにしても―の無沙汰をした」〈鏡花日本橋
「―な御親類だと友へ言ひ」〈川柳評万句合〉
[副]だいぶ(大分)」に同じ。「水かさが大分ふえた」「このあいだより大分涼しい」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おおいた【大分】

九州地方北東部の県。豊後ぶんご国全域と豊前ぶぜん国南部の地よりなる。北から東は瀬戸内海・豊後水道に面し、北部は九重山などの火山地域、南部は九州山地となる。北東部に国東くにさき半島がある。県庁所在地、大分市。
大分県中部、別府湾南岸にある市。県庁所在地。商工業が発達し、鶴崎つるさき地区を中心に重化学工業が立地。中世、大友氏の根拠地。キリシタンの故地で、南蛮貿易が行われた。

だいぶ【大分】

( 副 )
〔「だいぶん」とも〕
数量・程度が普通よりはなはだしいさま。たくさん。 「小遣いを-もらった」
物事や状態の程度が相当に進んでいるさま。かなり。だいぶん。 「 -よくなる」 「 -寒くなった」 「 -人間らしい暮らしをして/雁 鷗外

だいぶん【大分】

( 副 )
「だいぶ」の少し古い言い方。 「貯金が-たまった」 「 -スズシクナッタ/ヘボン」
( 名 ・形動 )
数量が多い・こと(さま)。たくさん。 「手前も-の損銀/浄瑠璃・冥途の飛脚
物事の程度が相当である・こと(さま)。かなり。 「 -の無沙汰をした/日本橋 鏡花

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大分の関連キーワード幾らか多かれ少なかれ軽量些少ちょっぴりちょびっと増さる滅多矢鱈少なからぬ些とやそっと

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大分の関連情報