コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大分 オオイタ

デジタル大辞泉の解説

おおいた〔おほいた〕【大分】

九州地方北東部の県。もとの豊後(ぶんご)国全域と豊前(ぶぜん)国南部にあたる。人口119.6万(2010)。
大分県中部の市。県庁所在地。もと豊後国府の地で、府内とよばれた。戦国時代は大友氏の、江戸時代は大給(おぎゅう)氏らの城下町。別府湾岸は重化学工業地域。人口47.4万(2010)。

だい‐ぶ【大分】

[名・形動]数量や程度がかなり多かったり進んでいたりすること。また、そのさま。相当。だいぶん。「彼が去って大分になる」
「おそらく北向の―の沖を越えて」〈緑雨・おぼろ夜〉
[副]思ったよりも数が多かったり、程度がはなはだしかったりするさま。相当。ずいぶん。だいぶん。「本を大分買った」「今日は大分寒い」
可成(かな)り用法

だい‐ぶん【大分】

[名・形動]だいぶ(大分)」に同じ。
「それにしても―の無沙汰をした」〈鏡花・日本橋〉
「―な御親類だと友へ言ひ」〈川柳評万句合〉
[副]だいぶ(大分)」に同じ。「水かさが大分ふえた」「このあいだより大分涼しい」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおいた【大分】

九州地方北東部の県。豊後ぶんご国全域と豊前ぶぜん国南部の地よりなる。北から東は瀬戸内海・豊後水道に面し、北部は九重山などの火山地域、南部は九州山地となる。北東部に国東くにさき半島がある。県庁所在地、大分市。
大分県中部、別府湾南岸にある市。県庁所在地。商工業が発達し、鶴崎つるさき地区を中心に重化学工業が立地。中世、大友氏の根拠地。キリシタンの故地で、南蛮貿易が行われた。

だいぶ【大分】

( 副 )
〔「だいぶん」とも〕
数量・程度が普通よりはなはだしいさま。たくさん。 「小遣いを-もらった」
物事や状態の程度が相当に進んでいるさま。かなり。だいぶん。 「 -よくなる」 「 -寒くなった」 「 -人間らしい暮らしをして/雁 鷗外

だいぶん【大分】

( 副 )
「だいぶ」の少し古い言い方。 「貯金が-たまった」 「 -スズシクナッタ/ヘボン」
( 名 ・形動 )
数量が多い・こと(さま)。たくさん。 「手前も-の損銀/浄瑠璃・冥途の飛脚
物事の程度が相当である・こと(さま)。かなり。 「 -の無沙汰をした/日本橋 鏡花

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

大分の関連キーワード大分県立大分上野丘高等学校大分スポーツ公園総合競技場大分県大分市坂ノ市中央大分県大分市公園通り西大分県大分市南生石西大分県大分市三川新町大分県大分市美園団地大分県大分市三ケ田町大分県大分市久原中央大分県大分市南生石東大分県大分市南春日町大分県大分市宗方台東大分県大分市桃園団地大分県大分市宗方台西大分県大分市宗方台北大分県大分市南太平寺大分県大分市希望が丘大分県大分市南王子町大分県大分市光吉新町大分県大分市公園通り

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大分の関連情報