コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ことは コトハ

デジタル大辞泉の解説

こと‐は

[連語]《副詞「こと」+係助詞「は」。「ごとは」とも》「こと」を強めた言い方。同じことなら。
「かき暗し―降らなむ春雨に濡れ衣(ぎぬ)着せて君を留めむ」〈古今離別

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ことは

( 副 )
〔「ごとは」とも〕
同じことなら。ことならば。 「かきくらし-降らなむ春雨にぬれぎぬきせて君をとどめむ/古今 離別

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ことはの関連キーワード山中の賊を破るは易く心中の賊を破るは難し子を棄つる藪はあれど身を棄つる藪はなし川中には立てど人中には立たれず由らしむべし,知らしむべからず額に箭は立つとも背に箭は立たず離朱が明も睫上の塵を視る能わず由らしむべし知らしむべからずデジュリン‐リヒトハイム現象日は夜を知らず月は昼を知らず人の口には戸が立てられない成るはいやなり思うは成らず明日の事を言えば鬼が笑う君子は危うきに近寄らず地域活力基盤創造交付金稼ぐに追いつく貧乏なし男子の一言金鉄の如し言うは易く行うは難しスウェーデンリレーアーンショウの定理思う念力岩をも通す

ことはの関連情報