コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

こんごう型護衛艦 こんごうがたごえいかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

こんごう型護衛艦
こんごうがたごえいかん

海上自衛隊が初めて装備したイージス・システム搭載艦。1番艦『こんごう』は 1993年竣工。アメリカ海軍のアーレイバーク級駆逐艦と同様の Mk41垂直ミサイル発射機を備えているほか,旗艦としての指揮管制能力を有する。船体は電波,音波,熱線に対するステルス性を考慮して V字型となっている。2番艦『きりしま』,3番艦『みょうこう』に続き,4番艦『ちょうかい』が 1998年に竣工。主要目は,基準排水量 7250t,全長 161m,全幅 21m,最大速力 30kn,スタンダード/アスロック用 Mk41垂直発射機 2,127mm連装速射砲 1基,20mmバルカン砲 2基,ハープーン・ミサイル 4連装発射筒 2基,3連装短魚雷発射管 2基。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android