音波(読み)おんぱ

日本大百科全書(ニッポニカ)「音波」の解説

音波
おんぱ

一般に、弾性体中をその弾性に基づいて伝わる振動現象を波という。普通「音」と称しているのは、振動体からの振動が縦波として空気中を伝わりに達するもので、可聴振動数、およそ16ヘルツから2万ヘルツのものをいう。これより振動数が大きくて、音としての感覚を引き起こさない波を超音波という。

 音波を記述する微分方程式(波動方程式)より、音速cは、体積弾性率をκ(カッパ)、密度をρ(ロー)とすると、

という形をしていることがわかる。初めニュートンは、媒質である気体の変化を等温変化とみなして、体積弾性率を空気の圧力で計算したが、実測された音速を得ることができなかった。1816年にラプラスP. Laplace(1749―1827)は圧力と体積の間に成り立つ関係を断熱変化であるとして説明した。その結果、0℃、1気圧での音速が331.5m/secであり、t℃のときには、331.5+0.6t(m/sec)となり、実測とよく一致する。

[奥田雄一]

『小橋豊著『基礎物理学選書 音と音波』(1969・裳華房)』『吉川茂・藤田肇著『基礎音響学――振動・波動・音波』(2002・講談社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「音波」の解説

おん‐ぱ【音波】

〘名〙 空気、水などの媒体中を伝わる振動波。この波動が耳に達すると、音を感じる。広義には、音として聞くことのできない二万ヘルツ以上の超音波も含める。
※物理全志(1875‐76)〈宇田川準一訳〉五「微音と雖も数多集合するときは之を聞くを得る者は是れ音波の合し来て同時に耳に達すればなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「音波」の解説

音波【おんぱ】

として感じられる周波数(毎秒約16〜20000Hz)をもつ弾性波。空気中の伝播速度は毎秒331+0.6tm(tは温度℃)で表され気温により異なる。水中では毎秒約1500m,固体中では数km。反射屈折干渉回折など波動の性質をすべて示す。振動数がさらに大きいものを超音波という。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「音波」の解説

音波
おんぱ
sound wave

弾性体中を伝わる弾性波で,気体および液体中では縦波であるが,固体中では横波も存在する。聴覚に関連して扱うときは音と呼ぶ。通常は可聴周波数 (数十~2万 Hz) のものをいう。これ以上の周波数の音波を超音波,以下のものをインフラソニック波 (超低周波音) という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「音波」の解説

おんぱ【音波 sound wave】

ふつうに音波というときには,空気を構成する微小粒子の振動によって起こる圧力変化の波動で,その周波数が人間の聴覚によって音として感ずる範囲にあるものをいうことが多い。空気中の音波に限っても,可聴周波数以上の超音波,可聴周波数以下の超低周波音など広い周波数範囲にわたる音波が存在する。一般に音波ができるためには,媒質の中で起こった運動に対して,これを続けようとする慣性力と元の位置に戻そうとする弾性力との存在が必要である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の音波の言及

【音】より

…耳に聞こえるといっても,人間以外の動物の可聴振動数範囲は,人間のそれとは必ずしも同じではない(図1)。コウモリが自分から出した音波を利用して,暗やみの中でも障害物などの存在を感知することはよく知られている。この場合の音は人間の耳には聞こえない超音波領域にあるが,これも広い意味での音に含まれる。…

※「音波」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バブル方式

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大防止策の一。国際的なスポーツ大会で、選手や運営関係者を隔離し、外部と接触させない方式。[補説]泡(バブル)の膜でとり囲むように、内部と外部を遮断する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android