コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

さあんす さあんす

大辞林 第三版の解説

さあんす

( 動サ特活 )
〔動詞「さんす」の転〕
動詞「さんす」に同じ。 「わしと念比-・すと、こなたもころすががつてんか/浄瑠璃・曽根崎心中」 〔活用は動詞「さんす」に同じ〕

さあんす

( 助動 ) ( さあんせ(さあんしよ) ・さあんし ・さあんす(さあんする) ・さあんす(さあんする) ・さあんすれ ・さあんせ )
〔近世上方語〕
助動詞「さんす」に同じ。 「何を言ひ懸けさあんしよ(=「さあんしょう」ノ短呼)言分して下んすな/浄瑠璃・二枚絵草紙

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

さあんすの関連キーワードさんす昔話動詞

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android