コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

さあんす さあんす

2件 の用語解説(さあんすの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

さあんす

( 動サ特活 )
〔動詞「さんす」の転〕
動詞「さんす」に同じ。 「わしと念比-・すと、こなたもころすががつてんか/浄瑠璃・曽根崎心中」 〔活用は動詞「さんす」に同じ〕

さあんす

( 助動 ) ( さあんせ(さあんしよ) ・さあんし ・さあんす(さあんする) ・さあんす(さあんする) ・さあんすれ ・さあんせ )
〔近世上方語〕
助動詞「さんす」に同じ。 「何を言ひ懸けさあんしよ(=「さあんしょう」ノ短呼)言分して下んすな/浄瑠璃・二枚絵草紙

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone