さあんす

精選版 日本国語大辞典 「さあんす」の意味・読み・例文・類語

さあん・す

  1. 〘 他動詞 サ行特活 〙 「さんす」の変化した語。
    1. [初出の実例]「わしと念比さあんすと、こなたもころすががってんか」(出典:浄瑠璃・曾根崎心中(1703))

さあんす

  1. 〘 助動詞 〙 「さんす」の変化した語。
    1. [初出の実例]「はらすじをたてさあんすを」(出典:評判記・古銀買(1680)梅)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

五節舞

日本の上代芸能の一つ。宮廷で舞われる女舞。大歌 (おおうた) の一つの五節歌曲を伴奏に舞われる。天武天皇が神女の歌舞をみて作ったと伝えられるが,元来は農耕に関係する田舞に発するといわれる。五節の意味は...

五節舞の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android