しし申し(読み)シシモウシ

デジタル大辞泉の解説

しし‐もうし〔‐まうし〕【しし申し】

[感]注意を促して呼びかけるときに発する語。もしもし。
「連れがあまたあるかと存ずれば、ただ一人ぢゃ。是に言葉をかけう。―」〈虎明狂・餅酒〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android