コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しゃくし菜

1件 の用語解説(しゃくし菜の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

しゃくし菜

埼玉県秩父地方で生産される葉物野菜。明治初期に中国から伝わったとされる。名称は白い葉柄と丸みを帯びた葉の形状がしゃもじに似ていることに由来し、「しゃもじ菜」「おたま菜」なとも呼ばれる。漬物に加工される。正式名称は「雪白体菜(せっぱくたいさい)」。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゃくし菜の関連キーワード阿蘇たかなおおっ葉大野菜おくたかなかぶれな茎立菜信夫冬菜長岡菜百華丸葉山東

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

しゃくし菜の関連情報