形状(読み)けいじょう

精選版 日本国語大辞典 「形状」の意味・読み・例文・類語

けい‐じょう ‥ジャウ【形状】

〘名〙
① 物や人のかたち。物の状態や人の容姿容貌
※日蓮遺文‐佐渡御書(1272)「形状端厳をそしれば醜陋の報いを得」
幻影の盾(1905)〈夏目漱石〉「欄干擬宝珠か、筆の穂の水を含んだ形状をする」 〔史記‐刺客伝・予譲
※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉八「何を以てか弊藩より内応なせる故あらんやと具(つぶ)さに形状(ケイジャウ)を演説して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「形状」の意味・読み・例文・類語

けい‐じょう〔‐ジヤウ〕【形状】

人・物の形やありさま。「複雑な形状
[類語]形態かた格好かたち外形姿すがた姿形すがたかたちなりなりかたち様子身なりなりふり服装風体ふうていスタイル姿勢姿態体勢振りポーズ身振り所作しぐさ素振り外見外面外貌輪郭思わせ振り演技ジェスチャー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「形状」の読み・字形・画数・意味

【形状】けいじよう(じやう)

すがた。かたち。〔子、非相〕梁に擧といふものり。人の形顏色を相(み)て、其の吉凶妖を知る。世俗之れをす。古の人にる無きなり。學(い)はざるなり。

字通「形」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

岩石学辞典 「形状」の解説

形状

板状葉状など堆積物粒子の形状.粒子は球状の程度が同じ数値をもっていても,さらに分化する際に使用される[Sneed & Folk : 1958].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android