形状(読み)けいじょう

精選版 日本国語大辞典「形状」の解説

けい‐じょう ‥ジャウ【形状】

〘名〙
① 物や人のかたち。物の状態や人の容姿、容貌
※日蓮遺文‐佐渡御書(1272)「形状端厳をそしれば醜陋の報いを得」
※幻影の盾(1905)〈夏目漱石〉「欄干の擬宝珠か、筆の穂の水を含んだ形状をする」 〔史記‐刺客伝・予譲〕
※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉八「何を以てか弊藩より内応なせる故あらんやと具(つぶ)さに形状(ケイジャウ)を演説して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

岩石学辞典「形状」の解説

形状

板状,葉状など堆積物の粒子の形状.粒子は球状の程度が同じ数値をもっていても,さらに分化する際に使用される[Sneed & Folk : 1958].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android