コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

すみだ川 すみだがわ

大辞林 第三版の解説

すみだがわ【すみだ川】

小説。永井荷風作。1909年(明治42)発表。隅田川に還かえらぬ江戸の面影を見出し、淡い恋愛をからめて、懐旧の情を抒情豊かにつづる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

すみだ川の関連キーワード絶え果てる・絶果てる東京都墨田区本所厩橋(群馬県)石川八左衛門ぞっとしない井上 金太郎秋ヶ瀬取水堰井口 朝生木村 富子新井 声風石出掃部亮水野 明善永井荷風新河岸川吾妻問答ジンゲル千住大橋石神井川煙出し両国橋

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

すみだ川の関連情報