コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

すみだ川 すみだがわ

大辞林 第三版の解説

すみだがわ【すみだ川】

小説。永井荷風作。1909年(明治42)発表。隅田川に還かえらぬ江戸の面影を見出し、淡い恋愛をからめて、懐旧の情を抒情豊かにつづる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

すみだ川の関連キーワード絶え果てる・絶果てる東京都墨田区本所厩橋(群馬県)石川八左衛門ぞっとしない井上 金太郎木村 富子永井 荷風石出掃部亮水野 明善井口 朝生新井 声風ジンゲル永井荷風石神井川新河岸川千住大橋吾妻問答霊岸島茅場町

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

すみだ川の関連情報