するところだ(読み)スルトコロダ

デジタル大辞泉の解説

するところだ

別の新しい行動を始める場面であることを相手に伝える意を表す。「これから食事にするところだ
実際とは反対の事態が展開する場面を仮定的に述べることによって、現状に対して抱いている安堵(あんど)や不満などの気持ちを伝える意を表す。「普通の人ならいやな顔をするところだ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android