反対(読み)はんたい

精選版 日本国語大辞典「反対」の解説

はん‐たい【反対】

〘名〙
① (形動) 物事の様子・位置・順序方向や、考え方、意味内容などが、他の物と逆の関係にあること。また、そうなることや、そのさま。あべこべ。うらはら。さかさま。対照。対比。
※語孟字義(1705)下「然凡文字必有反対。得其対、則意義自明矣。誠字与偽字対」
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉二「反対せる図形を布上に印すべしと」 〔公孫龍子‐通変〕
② 他の意見などに対してさからうこと。賛成しないこと。対抗。不賛成。
西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一「この二説の反対するものを論ずべきなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「反対」の解説

はん‐たい【反対】

[名・形動](スル)
物事の位置・順序・方向・あり方などが逆の関係にあること。また、そのさま。あべこべ。「左右反対に置く」「気持ちと反対のことを言う」「風向きが反対になる」
対(つい)をなしているものの一方。「反対の手を出す」「白の反対は黒」
ある意見などに対して逆らい、同意しないこと。否定的であること。「君の意見には反対だ」「法案に反対する」「党内の反対派」⇔賛成

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

侍ジャパン

国際野球試合における野球日本代表の愛称。SAMURAI JAPAN(サムライ・ジャパン)とも記される。国際野球連盟(IBAF)主催・公認の各種大会・試合に出場し、オリンピックでは1984年のロサンゼル...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android