そんじょ其処(読み)そんじょそこら

精選版 日本国語大辞典「そんじょ其処」の解説

そんじょ‐そこら そんヂョ‥【そんじょ其処】

〘代名〙 (「そんじょうそこら」の変化した語) 本来「そこら」を漠然とさし示した言い方であるが、現代ではむしろ強調した言い方として用いられる。
歌舞伎宇都宮紅葉釣衾宇都宮釣天井)(1874)四幕「幾ら担(かつ)げと言ひなすっても、そんぢょそこらの話しがなけりゃあ、此長持ぢゃあ上らねえ」

そんじょ‐そこ そんヂョ‥【そんじょ其処】

※天理本狂言・岩橋(室町末‐近世初)「さてさてそなたは殊外歌ずきじゃと、そんじょそこできいたが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android