其処(読み)ソコ

  • ×其▽処/×其▽所
  • それどころ

デジタル大辞泉の解説

[代]
中称の指示代名詞。聞き手に近い場所、また、聞き手と話し手の双方が承知している場所・事柄をさす。
㋐その場所。「―にある袋」
㋑その点。その事。「―がむずかしいところだ」
㋒その局面。「―でベルが鳴った」
㋓その程度。それほど。「―まで言うなら仕方がない」
㋔あなたのところ。
「―にこそ多くつどへ給ふらめ」〈・帚木〉
二人称の人代名詞。おまえ。そなた。
「―は今年何歳になりおる」〈魯庵社会百面相
不定称の指示代名詞。漠然とある場所をさす語。どこ。どこそこ。
「思ふどち春の山辺にうちむれて―ともいはぬ旅寝してしか」〈古今・春下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (下に否定の語を伴うか、「それどころか」の形で) とてもその程度ではないの意を表わす。
※二人女房(1891‐92)〈尾崎紅葉〉中「『さう。なぜ食べて来なかったの』『今日はそれ所(ドコロ)ぢゃなかったよ。ああお腹が空いた』」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android