岩橋/石橋(読み)イワハシ

デジタル大辞泉の解説

いわ‐はし〔いは‐〕【岩橋/石橋】

《「いわばし」とも》
川の浅瀬に飛び石を並べて、人が踏み渡れるようにしたもの。
石でつくった橋。いしばし。
天然の、橋のような形をしている岩石。
久米(くめ)の岩橋」に同じ。
[補説]狂言の曲名別項。→岩橋

いわはし【岩橋】[狂言]

狂言。和泉流新妻が一向に被衣(かずき)をとらないので、夫は和歌でほのめかしてとらせようとするが、女は応じない。無理やりにとってみると醜い女なので夫は逃げ出す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android