コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

たんにはシュンギクが効く たんにはしゅんぎくがきく

1件 の用語解説(たんにはシュンギクが効くの意味・用語解説を検索)

食の医学館の解説

たんにはしゅんぎくがきく【たんにはシュンギクが効く】

シュンギクはカロテンやビタミンCが豊富な緑黄色野菜ですが、せきを止め、たんを切る効果にもすぐれています。煮ても生で食べてもおいしく、粘りけの強いたんをすみやかに切るといわれています。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

たんにはシュンギクが効くの関連キーワードカロテンビタミンCプロビタミン水溶性ビタミンβカロテンビタミンカラーカロテン過剰症ビタミンA前駆体ビタミン前駆体プロビタミンA

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone