緑黄色野菜(読み)りょくおうしょくやさい(英語表記)green and yellow vegetable

知恵蔵「緑黄色野菜」の解説

緑黄色野菜

有色野菜のなかで、カロテンを600mg(100g当たり)以上含むもの。他のビタミンやミネラルも多く含む。代表的なものは、サヤインゲンオクラカボチャダイコン()、トマト、ニンジンホウレンソウピーマンなど。生活習慣病の発症老化の原因とされている活性酸素を消去する成分(カロテノイドポリフェノールなど)も多く含む。野菜の摂取は、肥満、がん、生活習慣病などの予防に有効とされているが、我が国の1日1人当たりの平均摂取量は270g(2004年調査)で、「健康日本21」で掲げる目標値(350g)を下回り減少傾向にある。米国での摂取量は、ファイブ・ア・デイ運動の成果で年々増加し、1996年に日本を追い抜き、その差が広がる一方。

(的場輝佳 関西福祉科学大学教授 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「緑黄色野菜」の解説

緑黄色野菜
りょくおうしょくやさい

おもにカロテンを多く含む野菜。厚生労働省の栄養指導では,可食部 100gあたりのカロテン含有量が 600μg以上のものをさす。食品成分表によると,カロテン含有量が多いもの(3000μg以上)には,シソ(葉),パセリニンジンホウレンソウアシタバシュンギクコマツナニラオカヒジキなどがある。またカロテン含有量は 600μg未満だが,日常食品的でカロテンの摂取が多く期待できるものとして,トマトアスパラガスピーマンなども含む。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典「緑黄色野菜」の解説

緑黄色野菜

 葉やなどの色が濃く,ビタミン,ミネラルなどの栄養素を比較的多く含む野.四訂日本食品標準成分表では,カロテンを600μg/100g以上含むものを有色野菜として表示したが五訂では示していない.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「緑黄色野菜」の解説

りょくおうしょく‐やさい リョクワウショク‥【緑黄色野菜】

〘名〙 ニンジン・カボチャ・ホウレンソウなど、色の濃い野菜。ビタミンを多く含む。〔危険な食品(1968)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android