コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ちはやふる

デジタル大辞泉プラスの解説

ちはやふる

日本のテレビアニメ。放映は日本テレビ系列(2011年10月~2012年3月)。原作:末次由紀による漫画作品。制作:マッドハウス。2013年(1月~6月)放映の続編『ちはやふる2』もある。

ちはやふる

末次由紀による漫画作品。競技かるたに情熱をかける少女たちの姿を描く。『BE-LOVE』2008年第2号から連載開始。講談社BE-LOVEコミックス既刊23巻。第35回(2011年度)講談社漫画賞 少女部門受賞、マンガ大賞2009(2008年度)大賞受賞。2011年~2012年にかけて日本テレビ系列でアニメを放映、2013年にも続編を放映。2016年には広瀬すず主演により実写映画化。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

知恵蔵の解説

ちはやふる

競技かるたを題材にした末次由紀のマンガ作品。2007年末から15年9月現在も「BE・LOVE」(講談社)で連載されている。09年に「マンガ大賞2009」、10年に「このマンガがすごい!2010」オンナ編第1位、11年には「第35回講談社漫画賞」を受賞した。単行本は、14年末には累計発行部数が1200万部を突破し、15年9月現在、28巻まで発売されている。
主人公・綾瀬千早が、競技かるたと出合って女性日本一のクイーンを目指す青春ストーリー。千早は小学6年生の時に、永世名人の孫で全国トップレベルの実力を持つ転校生・綿谷新を通じてかるたの魅力を知り、勉強もスポーツもでき新に対抗心を持つクラスメート・真島太一と3人でかるた会に入会する。3人は小学校を卒業して別々の道を行くが、高校で再会した千早と太一はかるた部を設立し、団体戦優勝を目標に部員を集めて練習を重ね、全国大会を目指す。かるたから一時離れていた新も、千早たちの活躍に心を動かされ再びかるたの世界に戻る。スポーツとして取り組まれる競技かるたの魅力や奥深さに加え、3人を中心に友情や恋愛が描かれている。
「ちはやふる」は神などにかかる枕詞(まくらことば)で、タイトルは百人一首の在原業平の歌「ちはやぶる 神代もきかず竜田川 からくれなゐに 水くくるとは」にちなんでいる。
マンガの大ヒットを受けて、11年と13年にはテレビアニメ化され、16年には2部作で実写映画が公開される予定である。映画は、小泉徳宏監督で、千早を広瀬すず、太一を野村周平、新を真剣佑が演じる。

(原田英美 ライター/2015年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

知恵蔵miniの解説

ちはやふる

末次由紀(すえつぐゆき)による日本の少女マンガ。主人公・綾瀬千早が競技かるたのクイーン(女王)を目指す物語で、2007年12月よりマンガ誌「BE・LOVE」(講談社)で連載開始された。15年4月13日現在、連載中。単行本は既刊27巻で、累計発行部数は1200万部とされる。09年に「マンガ大賞」を受賞し、11年には「講談社漫画賞」の少女部門に選ばれた。11年と13年に、日本テレビ系列でテレビアニメ化されている。15年4月13日に発売された単行本27巻の帯で、実写映画化されることが発表された。

(2015-4-14)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

ちはやふるの関連キーワードアニメ映画「きみの声をとどけたい」新田真剣佑中道美穂子川﨑芽衣子松岡茉優小林信彦宮野真守三宅貴大千早振るちはや姫吉村界人花田楓菅原健神坂峠母父

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ちはやふるの関連情報