コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

競技かるた

3件 の用語解説(競技かるたの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

競技かるた

取り札100枚から25枚ずつを選んで自陣と敵陣に並べ、敵陣の札を取った時と相手がお手つきをした時に自陣の札1枚を敵陣に送る。自陣が先になくなった方が勝ち。取り札が確定する上の句の文字を「決まり字」という。例えば「つ」で始まる札は2枚あり2文字目で判断できる「2字決まり」だが、一方が読まれると「1字決まり」となる。

(2010-12-11 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

競技かるた

小倉百人一首の書かれたかるたを用いて行う競技のこと。古くから行われていた伝統競技で、1904年に明治のジャーナリスト黒岩涙香がルールの統一などを行い、48年に全日本かるた協会(2014年より一般社団法人)が設立され、大会運営などを行っている。競技かるたを行う人は約100万人といわれ、各地で年間60回ほど全国大会が行われている。主な大会に、競技かるた最高峰を競う「名人位・クイーン位決定戦」や、「全国選抜大会」「全日本選手権大会」「女流選手権大会」などがある。

(2015-11-24)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

競技かるた
きょうぎかるた

歌がるたの小倉(おぐら)百人一首を使い、早取りを競う競技。個人戦と団体戦があり、団体戦の方式は大会により異なる。対戦者は100枚の裏返しにされた札から互いに25枚ずつを抜き取り、面前の自陣に表にした札を3段にして並べておき、札の配置を15分間でできるだけ暗記しておく(100枚のうち50枚は読まれてもその場に存在しない空札(からふだ)となる)。その後、読み手が読みあげる上の句を聞き、自陣か、敵陣に並べてある合計50枚の札のなかから、読まれた歌の下の句が書かれた札を、瞬時に見極めてとることを競い合う。自陣の札をとったら持ち札1枚が減り、敵陣の札をとった場合は、自陣に残っている札のなかから「送り札」として敵陣に渡すことができる。このやりとりを繰り返し、早く自陣の札をなくしたほうが勝者となる。読まれた札を早くとるためには、上の句の何文字目まで聞けば、下の句の札を特定することができるかが鍵(かぎ)であり、その上の句の最小限の文字数を「決まり字」という。また、決まり字がもっとも長い6字の句の札は「大山札(おおやまふだ)」とよばれ、勝負を分ける重要な札として駆け引きに使われる。
 今日行われている競技かるたは、古くから行われてきた歌がるたのさまざまな規則を、ジャーナリストで翻訳家の黒岩涙香(くろいわるいこう)が統一し、1904年(明治37)に全国競技会を催したことによって始められたものである。黒岩は自身で創刊した新聞『萬朝報(よろずちょうほう)』にかるた早取り法の特集を掲載して普及を図り、その競技方法がもとになって大正期以降に全国に広がった。その後、1948年(昭和23)に全日本かるた協会が設立され、戦時中に一時とだえていた競技かるたが復興された。同協会は2014年(平成26)に一般社団法人となり、国内の主要大会を主催しており、日本一を近江神宮(おうみじんぐう)(大津市)で決する名人戦(男性)とクイーン戦(女性)のほか、全国選抜大会、全日本選手権大会、女流選手権大会、また、国民文化祭での競技会を毎年開いている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の競技かるたの言及

【かるた会(歌留多会)】より

…当時,取札をまいておいてとる〈ちらし取り〉のほかに,2組に分かれて行う〈源平戦〉なども併用された。明治に入ってから1対1の競技かるたが生まれ,研究団体,競技団体がつくられて各地で練習会を開催,選手は自分たちの技量を他流試合に求めはじめた。これに着目した黒岩涙香は,かるた早取法を考案し,東京かるた会を設立,会長となった。…

※「競技かるた」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

競技かるたの関連キーワード自陣自撰選科日取り二つ取り守り札捲り札良禽は木を択んで棲むマンカラヘジテーションワルツ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

競技かるたの関連情報