コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

てんたかく

2件 の用語解説(てんたかくの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

てんたかく

富山県農業研究所が開発した早生品種。母は「ハナエチゼン」、父は「ひとめぼれ」で、高温でも品質が低下しにくいのが特徴とされる。5月の大型連休田植えをし、7月中旬に出穂期を迎え、8月中に収穫する。北陸農政局によると2004年に銘柄が設定されて以降、1等米比率は80~90%台を維持している。

(2013-11-20 朝日新聞 朝刊 富山全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てんたかくの関連キーワード白鳳青大葉高菜イバラキングおおいた早生きおう豊福早生肥のあかり肥のあけぼの肥のあすか大原農業研究所

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

てんたかくの関連情報