コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

とては とては

大辞林 第三版の解説

とては

( 連語 )
〔格助詞「とて」に係助詞「は」が付いたもの〕
文またはそれに相当するものに付いて、「と言っては」の意を表す。 「『…翁の侍る夜しも、かうやみ給ふがわびしさ』-、又寝入りぬ/落窪 2
体言に付いて、強くそのことを指示する意を表す。 「いや出見世で終に酒飲まず。酒-(=酒ハ全然)ござらぬ/浄瑠璃・生玉心中

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

とてはの関連キーワード着せる・著せる言問ふ・事問ふ賞嘆・賞歎生玉心中中西梅花飼ひ立て憎くまし然りとて犬食い現無しをは通用強盗手金熱熱亡ず三族守る

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

とてはの関連情報