コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

格助詞 カクジョシ

デジタル大辞泉の解説

かく‐じょし【格助詞】

助詞の種類の一。体言または体言に準ずるもに付いて、それが文中で他の語とどな関係にあるかを示す助詞。現代語では、「が」「の」「を」「に」「へ」「と」「より」「から」「で」など。古語では、「が」「の」「を」「に」「へ」「と」「より」「から」「にて」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かくじょし【格助詞】

助詞の一類。体言または体言に準ずる語に付き、その語が他の語に対してどのような関係に立つかを示すもの。「花が咲く」「学校へ行く」の「が」「へ」など。口語では「が」「の」「を」「に」「へ」「と」「より」「から」「で」など、文語では、これらのほかに「にて」「して」などがあり、さらに、古くは「つ」「ゆ」「ゆり」「よ」などもあった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の格助詞の言及

【格】より

…しかし,一方,そのような関係が単語といえるものによって表される場合にも,〈格〉という用語が使われることがある。たとえば,大まかにいってある動作の向かう対象を表す,日本語の〈を〉などは〈格助詞〉と呼ばれる。さらに,上述の関係それ自体を,それがどういう手段で表されるものであれ,〈格(関係)〉と呼ぶ考え方がある。…

【助詞】より

…前件が後件の事物への限定であることを示す。(4)格助詞 体言にのみついて用言に続く(花ガ咲く,花ヲ見る,都ニ住む,都ヘ上る,都カラ下る)。前件の事物が後件の作用に対して主・目的・場所・道具等々であることを示す。…

※「格助詞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

格助詞の関連キーワード御存じより夜さりつ方斯くの如し常つ御門でもって此れからが早いか夕つ方にては辺つ風常つ国からが辺つ櫂一昨日水合ひをして飴ん棒滝つ瀬海つ路辺つ波

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android