コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

と金 トキン

デジタル大辞泉の解説

と‐きん【と金】

《駒を裏返して「」と書いてある面を使うところから》将棋で、(ふ)が敵陣の三段目以内に入って成ったもの。金将と同じ働きをする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ときん【と金】

〔「歩」の裏面の「金」の略字が「と」に似ているのでいう〕
将棋の歩兵ふひようが成ったもの。と。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

と金の関連キーワードブルックナー(Ferdinand Bruckner)仮面ライダーマルス/ゴールデンアームズフェルディナンド ブルックナーエクイティースワップ取引ヘルツ効果(電磁気学)グリニヤール反応彩色スレート板テングコウモリ見透しの六平通貨スワップカワイモくん石やーきいも振り駒・振駒金核本位制度サーメット鳴門うず芋鉱石検波器テルミット倭奴国王印第一火星丘

と金の関連情報