コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

のんき節 ノンキブシ

デジタル大辞泉の解説

のんき‐ぶし【のんき節】

《歌の終わりに「はは、のんきだね」という囃子詞(はやしことば)が入るところから》大正7年(1918)ごろから流行した俗謡。添田唖蝉坊(そえだあぜんぼう)が社会を風刺して歌ったもの。また、昭和に入って演歌師石田一松が歌い、人気を博した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

のんき節の関連キーワード呑気節・吞気節吾妻 ひな子桜井 敏雄石田 一松鳥取 春陽添田唖蝉坊

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

のんき節の関連情報