コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

のんき節 ノンキブシ

デジタル大辞泉の解説

のんき‐ぶし【のんき節】

《歌の終わりに「はは、のんきだね」という囃子詞(はやしことば)が入るところから》大正7年(1918)ごろから流行した俗謡。添田唖蝉坊(そえだあぜんぼう)が社会を風刺して歌ったもの。また、昭和に入って演歌師石田一松が歌い、人気を博した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

のんき節の関連キーワード呑気節・吞気節吾妻 ひな子桜井 敏雄石田 一松鳥取 春陽添田唖蝉坊

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

のんき節の関連情報