コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

俗謡 ゾクヨウ

4件 の用語解説(俗謡の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぞく‐よう〔‐エウ〕【俗謡】

民間でうたわれる歌謡。小唄端唄(はうた)民謡流行歌など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

俗謡【ぞくよう】

民謡が本来の土地を離れ,都会で専門の歌い手や芸者などにより技巧化され,楽器の伴奏をつけ都会風・座敷歌風に変質したもの。広義には民謡や流行歌・俗曲など通俗的な歌すべてを含めることもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ぞくよう【俗謡】

民間で歌われるはやりうたや民謡。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

俗謡
ぞくよう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の俗謡の言及

【俗曲】より

…1950年代になって,端唄,うた沢,小唄など小歌曲の総称として,放送局が便宜的に用いたこともある。俗曲と俗謡はしばしば混用されてきたが,俗謡のほうがより漠然とポピュラーな歌を意味する場合が多い。【倉田 喜弘】。…

【日本音楽】より

…浄瑠璃風を加味した歌本位にした点と,伴奏を箏本位にした点に特色がある。江戸時代末期には民謡が都会地で俗謡として流行したり,寄席の音曲として俗曲が行われたが,三味線伴奏の大衆的な小編歌謡も隆盛になり,その中の端唄が技巧化して一流としての旗揚げをしたのがうた沢である。また清元の曲風を受け,テンポも早間(はやま)になったものが江戸小唄(小唄)で,これは次の期にさらに発達し,第2次世界大戦後にも非常な流行をみている。…

【流行歌】より

…また,逆に都会地または特定の地域のはやりうたが他の地方に流伝して,各地に土着したものもある。これらのものは,現在では〈民謡〉という言葉で定義されるものに含まれるが,都会地成立の小編はやりうたである〈小うた〉〈はうた〉と区別して,〈俚謡〉〈俗謡〉などと称したこともあり,〈都々逸(どどいつ)〉〈とっちりとん〉など寄席の音曲として行われたものも含めて〈俗曲〉と呼ぶこともある。 なお,中国の民間音楽の伝来したもののうち,明楽ないし清楽または明清楽として伝承されたもの以外に,日本のはやりうた化したものもあり,とくに〈唐人踊〉の歌として,転訛(てんか)した日本語または日本語の替歌の詞章に変えられて流行したものもある。…

【民謡】より

…【徳丸 吉彦】
【日本】

[名義]
 日本で民謡の語が一般化したのは近代以降である。明治中期,作家の森鷗外や英文学者上田敏などが民謡の語を使用したのは,ドイツ語のフォルクスリード,英語のフォーク・ソングの訳語としてで,国文学者の志田義秀は1906年に発表した《日本民謡概論》で,民謡とは技巧詩・芸術詩を意味するクンストポエジーKunstpoesieに対するフォルクスポエジーVolkspoesieすなわち民間の俗謡の意であると述べている。以来,前田林外編《日本民謡全集》(1907),童謡研究会編《日本民謡大全》(1909)などが出て,民謡の語は徐々に普及するようになった。…

※「俗謡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

俗謡の関連キーワード出郷新民謡他国分地僻地遊学旅行住慣れる添地立木地(りゅうぼくち)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

俗謡の関連情報