コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

はざし唄

1件 の用語解説(はざし唄の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

はざし唄

長崎県の民謡。捕鯨の際に歌われたが、後に祝唄に転じた。「はざし」は鯨に向けて銛を打つ者を指す。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はざし唄の関連キーワード信濃追分労作歌おいとこ節貝殻節金毘羅船船新民謡御船歌稗搗節クルク・ハワバルトーク:3つのチーク県の民謡/piano solo

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone