祝唄(読み)いわいうた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

祝唄
いわいうた

民謡。村落,家の慶事建築,橋,道路などの落成そのほか祝い事などの宴席で歌われる唄。祝い事の種類により,建築の木遣唄大漁や新造船の大漁唄婚礼長持唄などに分けられるが,種類に関係なく,伊勢音頭甚句松坂などが用いられる場合もある。また宴席の最初に歌わねばならぬ唄として決められているものがあり,仙台地方の『さんさ時雨』や各地の「めでためでたの若松様よ」という歌詞で始る唄などがそれである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android