コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ばたばた茶 ばたばたちゃ

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

ばたばたちゃ【ばたばた茶】


富山県朝日町で祝い事や仏事の際などに飲まれる茶。また、この茶を飲む集まり。黒茶という、蒸した茶葉を1ヵ月ほどかけて発酵させたものを用いる。煮出した茶を茶碗に注ぎ、塩を少々入れて2本合わせの茶筅(ちゃせん)で泡立てて飲む。◇茶筅をバタバタと忙しく動かすことから。

出典 講談社日本の郷土料理がわかる辞典について 情報

世界大百科事典内のばたばた茶の言及

【ぼてぼて茶】より

…主として島根県松江などの日本海側に残る飲茶習俗の一つ。〈ぼてぼて〉とは大型の茶筅を振る音から生じた名称で,ばたばた茶(富山県朝日町),ぶくぶく茶(沖縄)ともいう。茶道の茶碗より少し大型の茶碗に,番茶や煎茶,あるいは発酵させた黒茶を釜で煮立てたものを入れ,茶筅の先に塩をつけてよく振り細かく泡をたてる。…

※「ばたばた茶」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ばたばた茶の関連キーワードぼてぼて茶

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android