仏事(読み)ぶつじ

大辞林 第三版の解説

ぶつじ【仏事】

仏教における祭事。死者の冥福を祈る行事。法事。法要。法会。
教化・説教など仏の行為。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぶつ‐じ【仏事】

〘名〙
① 仏の教化
※今昔(1120頃か)三「時に舎利弗、〈略〉請を受て仏事を勤める事」 〔観無量寿経
② 仏の徳を発揚すること。
※往生要集(984‐985)大文二「一切塵刹、作仏事、修普賢行、不亦楽乎」
③ 仏教の一切の行事。法事。法要。法会。
※観智院本三宝絵(984)下「公私の仏事和漢法会種種写て」 〔酉陽雑爼‐金剛経鳩異〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仏事の関連情報