黒茶(読み)くろちゃ

色名がわかる辞典の解説

くろちゃ【黒茶】

色名の一つJISの色彩規格では「黄赤みの」としている。一般に、黒みがかった茶色のこと。焦茶こげちゃ憲房色けんぼういろよりも黒みが強い。安土桃山時代からあった名称とされるが、流行したのは江戸時代。おもに着物の色に用いられた。現代ではビル壁や床材の塗装にもみられる。黒みの程度に幅があり、それによって茶系統にも黒系統にも見える。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

飲み物がわかる辞典の解説

ヘイチャー【黒茶 (中国)】


中国茶の一種で、不発酵茶の緑茶(リューチャー)と同様の工程を経た後、渥堆(あくたい)(茶葉をかびなどの微生物により発酵させること)を行う後発酵茶。長期保存が可能で、年代物は高級品とされる。代表的なものとして中国西南部の雲南省産のプーアル茶がある。

出典 講談社飲み物がわかる辞典について 情報

世界大百科事典内の黒茶の言及

【中国茶】より

…こうした歴史と広大な国土,そして多くの民族をもつため,中国の茶は種類が多く,その製法,飲み方も他に類を見ないほど多様である。 中国茶はその成分から緑茶,青茶,紅茶,黒茶,黄茶,白茶の6種に分類される。緑茶はほとんどが釜(かま)いり製で,360℃の高温でいり蒸ししてつくる。…

※「黒茶」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黒茶の関連情報