コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茶筅 チャセン

百科事典マイペディアの解説

茶筅【ちゃせん】

点前道具の一つ。茶筌とも書く。抹茶(まっちゃ)をかき回して泡(あわ)立てたり,練り合わせたりするための道具。9cm余りの竹筒の半分以下を細く割り,その末端を曲げて穂にしたもの。
→関連項目挽茶

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちゃせん【茶筅】

点前道具の一種。茶筌とも書く。抹茶に湯を入れて,かきまぜたり,練り合わせたりするために用いられる。筅(ささら)といい,もともと中国で使われていた筅状のものが茶とともに日本にもたらされた。抹茶の普及につれて,茶筅を空也念仏宗の僧が売り歩くようになり,茶筅の製作を賤民の業とする時代もあった。しかし,江戸時代に入って茶の湯が確立すると,茶筅の製作を専業とする茶筅師が出現し,奈良高山(現,生駒市高山町)が茶筅の産地として知られるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

食器・調理器具がわかる辞典の解説

ちゃせん【茶筅/茶筌】

茶道具の一つ。竹筒の一部を細く割って穂とし、その末端を少し内側にまげたもの。茶をたてるときに、茶碗に入れた抹茶と湯を攪拌(かくはん)して泡立たせたり練ったりするのに用いる。

出典|講談社食器・調理器具がわかる辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

茶筅
ちゃせん

抹茶(まっちゃ)を点(た)てるための竹製のささら。茶筌、茶箋とも書く。茶筅の初見は、中国宋(そう)代の徽宗(きそう)皇帝の著『大観茶論』の「筅」および審安老人の『茶具図賛』にみえる「竺副帥(じくふくそつ)」の語である。『大観茶論』の「筅」には「茶筅以筋竹老者為之、身欲厚重、筅欲疎勁」とあって、茶筅は枯れた竹でつくり、軸は厚く重いのがよく、先は粗く強いものがよいといっている。わが国においては、平安時代中期、空也上人(くうやしょうにん)が始めたといわれる皇服(おおぶく)(大服)茶(ちゃ)に使われる茶筅が最初だと伝えられるが、資料的には不確実である。とはいえ、中世には京都の空也堂(空也の法弟定盛の建立)を本拠とする鉢叩(はちたた)きが茶筅をつくって売り歩いており、『遊学往来』には「兎足紫竹茶筅」の一文がみられ、紫竹茶筅が好まれ、兎足と異称されていたことがわかる。16世紀になると茶の湯の興隆とともに茶筅の生産地も広がりをみせるようになり、『茶具備討集(ちゃぐびとうしゅう)』(1554)には「茶箋、奈良茶箋、幡枝波切(はたえだなみきり)、尾張(おわり)并加賀」とあるように、奈良茶筅を最上とし、京都幡枝(はたえだ)、尾張、加賀の産もあったことがわかる。
 茶筅は竹材、編み糸、形状によって大きく三つに区別できる。正月の青竹は祝儀用であるが、ほかに白竹(裏千家、遠州派など)、煤竹(すすだけ)(表千家など)、紫竹(武者小路(むしゃのこうじ)千家、宗(そうへん)流など)に分けられ、編み糸には白糸、黒糸、赤糸の別があり、形状別に無節、止節、中節のものがある。また穂の立て方としては奈良高山茶筅には真、数穂、荒穂、五分長、小茶筅などの32本立てから120本立てまでの48種がつくられており、流儀によってそれぞれの好みで使い分けられている。[筒井紘一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

茶筅の関連キーワードチャチャ王国のおうじちゃまタンク・タンクロー水差し・水差・水指立茶・点茶茶筅・茶筌ぼてぼて茶ばたばた茶薄茶点前泡立て器濃茶点前茶筅立て茶筅羊歯飾り切り茶筅飾り茶筅通し茶筅切り茶筅袖垣茶筅擦れ茶筅髪露打ち

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

茶筅の関連情報