コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

びしま ビシマ

デジタル大辞泉の解説

びし‐ま

釣り糸に多数のびし(おもり)を等間隔につけたもの。海の深場釣り道糸にする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

びしまの関連キーワード山形県酒田市飛島リットン調査団高島(長崎県)近畿自動車道鳥海国定公園酒田(市)山形(県)田中允貴藤本洋子河口瑛将有木伸夫椎名法子三谷悦代高崎佳代大河内浩白井圭太イソバナ形式名詞名古屋港笠岡諸島

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android