ふざける

大辞林 第三版の解説

ふざける

( 動下一 ) [文] カ下二 ふざ・く
冗談を言ったり、おどけたことをしたりする。 「 - ・けて言ったこと」
子供などが浮かれて騒ぎまわる。 「もう-・けるのはやめなさい」
(「ふざけた」「ふざけている」の形で)人を馬鹿にしたようなふるまいをする。 「 - ・けた真似をする」 〔相手に対する非難や怒りの気持ちを込めて用いる。また、「ふざけるな」「ふざけるんじゃない」などの形で、感動詞的にも用いる〕
男女がたわむれる。いちゃつく。 〔「巫山戯る」は当て字〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ふざけるの関連情報