コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ふざける ふざける

大辞林 第三版の解説

ふざける

( 動下一 ) [文] カ下二 ふざ・く
冗談を言ったり、おどけたことをしたりする。 「 - ・けて言ったこと」
子供などが浮かれて騒ぎまわる。 「もう-・けるのはやめなさい」
(「ふざけた」「ふざけている」の形で)人を馬鹿にしたようなふるまいをする。 「 - ・けた真似をする」 〔相手に対する非難や怒りの気持ちを込めて用いる。また、「ふざけるな」「ふざけるんじゃない」などの形で、感動詞的にも用いる〕
男女がたわむれる。いちゃつく。 〔「巫山戯る」は当て字〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ふざけるの関連キーワード釜神の化身オダズナー痴めく・癡めくちゃらつかすひょうげるじょうけるちょうける度が過ぎる大概にするちゃらけるいちびり悪巫山戯悪ふざけとち狂ふほたえる戯らけるジャイブとち狂うおそばう戯れる猿楽ふ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ふざけるの関連情報