へた

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

へた
へた / 蔕

花後、萼(がく)が脱落せず、宿存して発達し、子房が果実になったとき、その下に台座のようになったものをいう。おもに液果の場合に用いられることが多い。[田村道夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

へたの関連情報