コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

液果 えきかsap fruit; succulent fruit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

液果
えきか
sap fruit; succulent fruit

多肉果,湿果ともいい,乾果に対する語。多肉化した果皮が成熟後も水分を多くもっている果実である。トマト,モモ,カキ,ミカンなどがこれに相当する。広義には,ナシ,リンゴ,ウリなども含める。心皮の数や果皮の分化の違いなどによって,さらに,漿果核果 (石果) ,ミカン状果 (柑果) ,ナシ状果,ウリ状果などに分けられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

えき‐か〔‐クワ〕【液果】

3層からなる果皮のうち、中果皮または内果皮が多肉質で水分が多く、軟らかい果実。ミカン・トマト・ブドウなど。漿果(しょうか)。多肉果。→乾果

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えきか【液果】

果皮が肉質で、液汁の多い果実の総称。核果・ウリ状果・ミカン状果・ナシ状果・漿果しようかがある。多肉果。湿果。 ↔ 乾果果実

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

液果
えきか

心皮が発達した果皮のうち、とくに中果皮の部分が水分を多く含む細胞となり、液質になる果実のこと。果皮が乾燥して薄くなっている乾果に対していう。漿果(しょうか)ともいう。ブドウやキウイフルーツの果実は液果である。[吉田 治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の液果の言及

【ベリー】より

…果実の一種で植物学的には液果と呼ばれる。果皮のうち中果皮,内果皮が水分の多い肉質の柔らかい組織となり,熟しても裂けず,やや堅い種子をもつものをいい,ブドウ,カキ,トマトなどがその例とされる。…

【実】より

…果皮の形態に基づいて実を分類すると次のようになる。まず果皮が乾いている乾果dry fruitと多汁質の液果fleshy fruitに二大別され,乾果はさらに果皮が裂開して種子が外へ出る裂果dehiscent fruitと裂開しない閉果indehiscent fruitに分けられる。裂果はふつう多数の種子をもつ実にみられ,裂開は離生めしべでは,心皮の辺縁の合着部(シャクヤク),心皮の背側(モクレン),合着部と背側の両方(マメ類)にそって起こる(図4)。…

※「液果」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

液果の関連キーワードセンナリホオズキ(千成酸漿)ルイヨウショウマギョウジャノミズオオキヌタソウ鶯神楽・鴬神楽桄榔・桄榔子クランベリーグーズベリーシマサルナシ庭常・接骨木馬銭・番木鼈ラズベリー朝鮮五味子ホオズキ蛇上らず燕万年青三葉木通山の芋科蜜柑状果彼岸花科

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android