コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

液果 えきかsap fruit; succulent fruit

4件 の用語解説(液果の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

液果
えきか
sap fruit; succulent fruit

多肉果,湿果ともいい,乾果に対する語。多肉化した果皮が成熟後も水分を多くもっている果実である。トマト,モモ,カキ,ミカンなどがこれに相当する。広義には,ナシ,リンゴ,ウリなども含める。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

えき‐か〔‐クワ〕【液果】

3層からなる果皮のうち、中果皮または内果皮が多肉質で水分が多く、軟らかい果実。ミカン・トマト・ブドウなど。漿果(しょうか)。多肉果。→乾果

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

えきか【液果】

果皮が肉質で、液汁の多い果実の総称。核果・ウリ状果・ミカン状果・ナシ状果・漿果しようかがある。多肉果。湿果。 ↔ 乾果果実

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

液果
えきか

心皮が発達した果皮のうち、とくに中果皮の部分が水分を多く含む細胞となり、液質になる果実のこと。果皮が乾燥して薄くなっている乾果に対していう。漿果(しょうか)ともいう。ブドウやキウイフルーツの果実は液果である。[吉田 治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の液果の言及

【ベリー】より

…果実の一種で植物学的には液果と呼ばれる。果皮のうち中果皮,内果皮が水分の多い肉質の柔らかい組織となり,熟しても裂けず,やや堅い種子をもつものをいい,ブドウ,カキ,トマトなどがその例とされる。…

【実】より

…果皮の形態に基づいて実を分類すると次のようになる。まず果皮が乾いている乾果dry fruitと多汁質の液果fleshy fruitに二大別され,乾果はさらに果皮が裂開して種子が外へ出る裂果dehiscent fruitと裂開しない閉果indehiscent fruitに分けられる。裂果はふつう多数の種子をもつ実にみられ,裂開は離生めしべでは,心皮の辺縁の合着部(シャクヤク),心皮の背側(モクレン),合着部と背側の両方(マメ類)にそって起こる(図4)。…

※「液果」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

液果の関連情報