コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

台座 だいざ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

台座
だいざ

仏像を載せる台。仏像の荘厳具で,時代や仏像の種類,材質により形式が異なる。須弥山 (しゅみせん) を象徴する須弥座 (胴部が細く宣の字に似ることから宣字座ともいう) ,仏像の裳が前面に大きく垂れた裳懸座 (もかけざ) ,周辺に蓮弁をふいた蓮華座,岩石の形をした岩座不動明王に特有な形式である長方形の柱を井桁 (いげた) に組んだ瑟々 (しつしつ) 座,洲浜 (すはま) の形をした洲浜座,簡単な形式の方座,牀几 (しょうぎ) のような形の牀座,礼盤の形をした礼盤座,鳥獣が台になった鳥獣座 (禽獣座,鬼形の場合には邪鬼という) ,荷葉 (かしょう) 座,框 (かまち) 座,方座に獅子を配した獅 (師) 子座などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

だい‐ざ【台座】

物を載せておく台。
仏像や肖像彫刻などを安置する台。仏像の台座としては須弥(しゅみ)座・蓮華(れんげ)座・禽獣(きんじゅう)座など多様な形式がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

台座【だいざ】

仏像を安置する台で,仏像を神聖化する荘厳具(しょうごんぐ)の一つ。蓮華(れんげ)をかたどった蓮華座須弥山(しゅみせん)をかたどった須弥座が多い。須弥座は,形が〈宣〉の字に似ているため宣字座ともいい,また本尊の衣(ころも)が前面にたれるので裳懸(もかけ)座とも称する。
→関連項目鎌倉彫

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だいざ【台座】

仏像彫刻を安置するための台で,像がその上に座し,臥し,あるいは立つものをいう。古くは仏座といい,また金剛宝座金剛座とも呼ぶ。これは仏の座すところはいかなる悪魔外道もこれを侵すことができない堅固な座であるという意である。釈迦成道の地,インドのブッダガヤーの菩提樹下には,釈迦の座としての金剛宝座のみが安置される。また獅子座といって,獅子の彫刻をその前面にあらわすものがある。これは釈迦族の獅子とよばれた釈迦を象徴するものであり,同時に説法獅子吼(ししく)した釈迦を象徴するものであろう。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

だいざ【台座】

物をすえ置く台。
仏像を安置する台。須弥しゆみ座・蓮華座・岩座・禽獣きんじゆう座などがある。
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

台座
だいざ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の台座の言及

【仏像】より

…しかし,ヤクシャ(薬叉,夜叉),インドラ(帝釈天),ラクシュミー(吉祥天)などのインドの神々は仏教の守護神として紀元前から製作されているが,仏陀像はもとより菩薩や高僧の像も釈迦の死後数百年間は表現されず,信者が礼拝対象としたのは釈迦の遺骨を納めたストゥーパであった。また釈迦の事跡を描いた仏伝図では,菩提樹,台座,足跡,法輪その他で仏陀の存在を示唆するという不便な方法をとり,主役の仏陀を表現することはまったくなかった。この伝統を破ってはじめて仏陀の姿を表現したのは,紀元後100年ころにガンダーラ地方において,次いでマトゥラーにおいてであった。…

※「台座」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

台座の関連キーワードエスカッション[escathion]名古屋仏壇と三河仏壇朽ち木座・朽木座台座後光を仕舞うトラックボールキャットタワー蓮華座・蓮華坐菊灯台・菊燈台台座の別れ卵塔・蘭塔ケルメットチョピン足ほぞ織部形須弥壇蓮華文Mt.八幡座瑟瑟座蓮の台

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

台座の関連情報