コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

よこしまの母たち

1件 の用語解説(よこしまの母たちの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

よこしまの母たち

イタリアの画家ジョヴァンニ・セガンティーニの絵画(1894)。原題《Le cattive madri》。『よこしまの母たちの罰』とも呼ばれる。堕胎を犯した女性たちの罪と救済を、象徴主義的な画風で描いたもの。ウィーンオーストリア美術館所蔵。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よこしまの母たちの関連キーワードジェンティーレペルゴレージボッカチオカルピーニドンジョバンニオニサンティの聖母カヴァレリア・ルスティカーナドン・ジョヴァンニマジェンタの戦いの後のイタリア陣営リスト:「ドン・ジョヴァンニ」の回想(モーツァルト)/piano solo

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone