アイスプラント(読み)あいすぷらんと(英語表記)Common Ice Plant

  • ice plant

知恵蔵miniの解説

アフリカ、ヨーロッパ、西アジア原産の食用植物砂漠荒野などの厳しい環境で生育するため、吸い上げた水分から表皮細胞塩分を隔離するようになっている。その塩分が水滴状に固着して光り、全体が凍っているように見えるため、この名がついた。食味は、淡白ながら塩味があり、外はぷちぷちで中はとろりとした食感がある。日本では、1999年に佐賀大学農学部が制御環境下での栽培方法を確立し、2007年より安定生産が開始された。団体・企業によりそれぞれの商標登録がなされており、バラフ、クリスタルリーフ、ツブリナ、ソルトリーフ、プッチーナといった名称でも販売されている。また、そのエキスの保湿効果を取り入れた化粧品が販売されるなど、美容・健康素材としても注目されている。

(2013-2-8)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

デジタル大辞泉の解説

ハマミズナ科の塩生植物。葉や茎の表面に塩分を隔離するための透明な水泡があり、が降りたように見えることからの名。南アフリカ原産。食用。
[補説]「ソルトリーフ」「クリスタルリーフ」「プッチーナ」などは商標。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android