塩生植物(読み)えんせいしょくぶつ(英語表記)halophyte

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塩生植物
えんせいしょくぶつ
halophyte

海水が流れ込むような塩分に富む土地に生える植物。植物体の細胞中にも塩分を含んでいて,塩分の多い土壌からでも水分を吸収できる。普通には海浜,海岸砂丘,内陸塩地に生える陸生高等植物をさし,アッケシソウハママツナなどの例にみるように,アカザ科のものに多く,一般に多肉である。マングローブ諸種も含められる。そのほかに,海中に生えるアマモ,海藻などを含めていうこともある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

塩生植物【えんせいしょくぶつ】

塩分の多い場所に生活する植物。海浜,海岸砂丘,内陸の塩地などに見られる。細胞液中に高濃度の塩分を含み,水分に乏しい土壌からも吸水できる。この性質は乾地のものほど著しい。一般に多肉のものが多い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

えんせいしょくぶつ【塩生植物 halophyte】

塩類を含んだ土地で生育できる植物。海岸の塩生湿地と内陸の塩生湿地・塩砂漠に生育する高等植物に限る場合と,藻類や高等植物でもアマモ,カワツルモなどの海水・汽水中の沈水植物を含める場合がある。塩害には,塩類を含んだまわりの土壌の高い浸透圧の影響と植物体内での高濃度の塩類による生理的悪影響があり,塩生植物の耐塩性salt toleranceのしくみには次のようないくつかの方法がある。(1)植物体内とくに葉の細胞の液胞に害を受けない形で塩類を集積し,葉の浸透圧を大きくすることによって根からの吸水能力を高める。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

えんせいしょくぶつ【塩生植物】

海浜・海岸砂丘・塩湖岸など塩分の多い土地に生える植物。コウボウシバ・ハマヒルガオなどの乾燥型と、マングローブ・アッケシソウなどの湿生型とがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

塩生植物
えんせいしょくぶつ

植物体中の塩分濃度を高くして、海水に浸っても生きていける植物。わが国では砂州で囲まれた波の静かな海岸沿いの塩沼地(塩湿地)に生育する。塩沼地だけでなく、干拓地や塩田跡地の塩だまりにもみられる。しかし現在では、このような場所が少なくなっている。アッケシソウ、チシマドジョウツナギ、ウミミドリなどは北海道に、本州各地にはハママツナ、ホソバノハマアカザなどが分布する。また、シチメンソウ(九州北部)、ハマサジ(本州中部以南)、フクド(紀伊半島以西)なども塩生植物の代表的なものである。北海道能取(のとろ)湖畔のアッケシソウの秋の紅葉は美しく、よく知られている。[小滝一夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

えんせい‐しょくぶつ【塩生植物】

〘名〙 海浜、岩塩地域などの塩分に富む土壌に生育する植物の総称。一般に多肉性の葉茎をもち、葉は無毛。細胞液は高濃度の塩分を含むので浸透圧が高く吸水力も強い。ハマアカザ、アッケシソウなど。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android