コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水泡 スイホウ

デジタル大辞泉の解説

すい‐ほう〔‐ハウ〕【水泡】

水のあわ。みなわ。
のあわが消えやすいところから、はかないこと、むだになることのたとえ

み‐つぼ【泡】

《「水(み)粒(つぶ)」の意》水滴。水のあわ。
「―なす仮れる身そとは知れれどもなほし願ひつ千年の命を」〈・四四七〇〉

み‐な‐わ【泡/×沫】

《「みなあわ」の音変化。「な」は「の」の意の格助詞》水のあわ。はかないことのたとえにもいう。
「―なすもろき命も𣑥縄(たくなは)の千尋にもがと願ひ暮しつ」〈・九〇二〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すいほう【水泡】

水のあわ。みなわ。
〔水の泡が消えやすいことから〕 はかないこと。むなしいこと。
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

水泡の関連キーワードジャン・J. スラーエルホフフベルトゥスブルク条約口蹄疫(こうていえき)コクサッキーウイルス肺繊維症(肺線維症)ファイヤーコーラルアオカミキリモドキクロルピクリンカミキリモドキアイスプラント水生不完全菌類中国の環境問題スラーエルホフ過敏性肺臓炎久保山 愛吉アフロディテボロンツォフ蚊アレルギーシャルル9世角膜ヘルペス

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水泡の関連情報