水泡(読み)スイホウ

  • ▽水▽泡
  • ▽水▽泡/▽水×沫
  • すいほう ‥ハウ
  • すいほう〔ハウ〕
  • みつぼ
  • みなわ

デジタル大辞泉の解説

水のあわ。みなわ。
あわが消えやすいところから、はかないこと、むだになることのたとえ。
《「水(み)粒(つぶ)」の意》水滴。水のあわ。
「―なす仮れる身そとは知れれどもなほし願ひつ千年の命を」〈・四四七〇〉
《「みなあわ」の音変化。「な」は「の」の意の格助詞》水のあわ。はかないことのたとえにもいう。
「―なすもろき命も𣑥縄(たくなは)の千尋にもがと願ひ暮しつ」〈・九〇二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 水のあわ。みなわ。水沫。
※性霊集‐一〇(1079)詠十喩詩・詠如泡喩「天雨濛々天上来、水泡種々水中開」 〔漢書‐芸文志〕
② かいがないこと、はかないこと、また、むだになることのたとえ。→水泡に帰する
※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉八「水泡(スヰハウ)画餠と成行ける事千載の遺憾之に過ず」
〘名〙 (「みなあわ」の変化した語) 水の泡。あわ。この世などはかないもののたとえに用いる。
※万葉(8C後)五・九〇二「水沫(みなわ)なすもろき命も𣑥縄の千尋にもがと願ひ暮しつ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水泡の関連情報