塩分(読み)えんぶん(英語表記)salinity

翻訳|salinity

海の事典「塩分」の解説

塩分

海水1kg中に含まれている固形物質の全量をグラムで表したものを塩分という。ただし全ての炭酸塩は酸化物にかえ、臭素、よう素はすべて塩素に置き換え、 有機物は完全に酸化するものとする。しかしこの測定は容易でないので、海水のイオン組成が場所によらず一定であることを利用して、通常は塩素量あるいは海 水の電気伝導度を測定して換算する。塩分の単位は千分率(パーミル)であるが、電気伝導度から求めた場合には実用塩分単位(psu)を用いる。 (永田

出典 (財)日本水路協会 海洋情報研究センター海の事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「塩分」の解説

えん‐ぶん【塩分】

〘名〙 物質の中に含まれている塩の量。塩気ll>(しおけ)。
※日本の裏街道を行く(1957)〈大宅壮一〉植民された北海道「太平洋に面したところは、塩分をふくんだガスをかむるので特に悪い」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版「塩分」の解説

塩分
エンブン
salinity

一般に,水中に溶解している塩類の含量を示すが,とくに海水について使用されることが多い.海水1 kg 中に溶解している固形物質の全量を g で表したもので,千分率(パーミル,‰)で表示する.しかし,海水中の塩分の測定は簡単ではないので,海水は濃度差はあっても構成成分間の割合の変化は少ないから,塩素量を測定してクヌーセンの公式

(塩分 = 0.03 + 1.805 × 塩素量)
によって計算することが多い.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

デジタル大辞泉「塩分」の解説

えん‐ぶん【塩分】

物の中に含まれている食塩の量。しおけ。
水中に溶けている塩類の量。ふつう海水1キログラム中のグラム数(パーミル)で表す。平均海水で約35パーミル。陸水中で塩類の量は、1キログラム中のミリグラム数(mg/l)で表す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の塩分の言及

【塩分計】より

…海水の塩分salinityを求める測器。塩分とは海水1kg中に含まれる塩類の重量をいい,千分率‰で表す。…

【海水】より

…この事実は,19世紀の化学者たちの分析結果からしだいに明らかになり,1870年代のチャレンジャー号の航海で得られた各海域の海水試料についてのディットマーD.Dittmarの研究によってほぼ確立された。 海水1kg中に溶けている塩の量(g数)が塩分salinityであり,千分率(‰)で表す習慣になっている。外洋の海水の塩分は,33~38‰の範囲にある。…

※「塩分」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android