コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイ型花崗岩 アイがたかこうがんI-type granite

岩石学辞典の解説

アイ型花崗岩

ホワイトとチャペルは野外における花崗岩の産状と化学分析値から,S型花崗岩とI 型花崗岩とに大別した.I 型花崗岩はCa, Naの含有量が相対的に高く,Al2O3/(Na2O+K2O+CaO)の値が1.1以下で,特徴的な鉱物は角閃石,Ca輝石(斜方輝石)で,ノルム値では透輝石(di)が含まれる.火成岩質岩石類が起源(igneous source type)と考えられる[Chappell & White : 1974, Pitcher : 1983].I 型花崗岩は大陸周辺部のサブダクション帯に多く産出し,マントル領域から早期に由来したとされている.斑状銅鉱床がこの型の花崗岩に伴われる.I 型はコルディレラ型(Cordilleran)とカレドニア型(Caledonian)に分けられる.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android