コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカキノボリカンガルー あかきのぼりかんがるー

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アカキノボリカンガルー
あかきのぼりかんがるー
matschie's tree-kangaroo
[学]Dendrolagus matschiei

哺乳(ほにゅう)綱有袋目カンガルー科の動物。頭胴長80~90センチメートルほどで、体は赤茶色をしている。ニューギニア島北東部に分布する。[中里竜二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアカキノボリカンガルーの言及

【キノボリカンガルー】より

…地上では,他のカンガルー類と同様,ジャンプして移動する。アカキノボリカンガルーなどは,背が赤みの強い褐色,腹部や四肢が黄色と,有袋類としてはもっとも鮮やかな体色をもっている。肉が美味なため食用として捕獲される。…

※「アカキノボリカンガルー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android