コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キノボリカンガルー Dendrolagus; tree kangaroo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キノボリカンガルー
Dendrolagus; tree kangaroo

有袋目カンガルー科キノボリカンガルー属の動物の総称。9種ほどから成る。前後肢はほぼ等長。尾は長く,長い毛でおおわれる。四肢の爪は他のカンガルー類のようにまっすぐではなく,曲っている。樹上生活に適応し,樹上での行動は敏捷で,木から木へ飛移ることもある。代表種にクロキノボリカンガルー D. ursinusや,体のやや大きいアカキノボリカンガルー D. matschieiなどがある。ニューギニアに分布し,熱帯雨林に生息する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

キノボリカンガルー

有袋目カンガルー科の哺乳(ほにゅう)類。体長52〜89cm,尾43〜85cm。他のカンガルー類と違って前・後肢の大きさはあまり変わらない。背面は一様な黒色で,胸・腹部は淡褐色

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キノボリカンガルー【tree kangaroo】

有袋目カンガルー科キノボリカンガルー属Dendrolagus哺乳類の総称。樹上生活に適応したカンガルー類。ニューギニアに5種,オーストラリア北東部に2種が分布する。体長52~81cm,尾長42~94cm。尾には他の多くのカンガルー類と異なり毛が密生し,根もとから先まであまり太さの変化がない。前肢が比較的よく発達し,かぎづめをもち,枝を握ることができるなど樹上生活への適応を示している。姿に似合わず樹上での動きは敏しょうで,18m以上の高さから地上に飛びおりることもできる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キノボリカンガルー
きのぼりかんがるー
tree-kangaroo

哺乳(ほにゅう)綱有袋目カンガルー科キノボリカンガルー属に含まれる動物の総称。この属Dendrolagusの仲間はオーストラリアのクイーンズランド州とニューギニア島に分布する。ニューギニア島北西部のクロキノボリカンガルーD. ursinus、北東部のアカキノボリカンガルーD. matschieiなど9種に分類される。大きさは種により異なり、頭胴長52~75センチメートル、尾長52~89センチメートル。尾は長くて太く毛が密生し、よく曲がるが物に巻き付けることはできない。前足と後ろ足はほとんど同じ大きさで、前足は5本指であるが、後ろ足は第1指を欠き、第2、第3指が結合している。おのおのの指に曲がった強大なつめがある。また、後ろ足は幅広く、足裏には蹠球(しょきゅう)というざらざらしたクッションのような肉球がある。頸(くび)と背の毛は、肩から頭頂に向かい逆立って生える。
 多雨林地帯に生息し、おもに樹上で生活するが、地上でも行動できる。樹上での行動はすばやく、ときには下方の枝に9メートルも飛ぶことがある。昼間は樹上で休息し、日没後に活動して、木の葉や芽、果実などを食べる。雌の下腹部には育児嚢(のう)があり、前方に開口する。妊娠期間は32日で、普通は1頭の子を産む。生まれた子は無毛で、目は閉じている。子は育児嚢内で育てられる。寿命は10年から15年と思われるが20年間飼育された記録がある。[中里竜二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のキノボリカンガルーの言及

【絶滅生物】より

…オーストラリアのウォンバットはウシによる生息地の破壊により,タズナツメオワラビーはイヌとキツネに捕食されてともに激減した。ニューギニアのナガハシハリモグラ,キノボリカンガルーなどは狩猟により,南アメリカのメガネグマはトウモロコシの,タテガミオオカミはニワトリの害獣として駆除されて激減し,ライオンタマリンはペット,動物園の展示,医学用実験動物などに1960年ころから年間200~300頭も輸出され,1981年には生息数が100頭以下と推定される危険な状態になった。日本で絶滅寸前にあるのはイリオモテヤマネコ,ニホンカワウソ,トキ,メグロ,カラスバトなどである。…

※「キノボリカンガルー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

キノボリカンガルーの関連キーワードアカキノボリカンガルーサンディエゴ動物園ロレンツ国立公園ニューギニア島木登カンガルーれっしー

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android