コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アギロルフィング家 アギロルフィングけAgilolfinger

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アギロルフィング家
アギロルフィングけ
Agilolfinger

ドイツのバイエルンを支配した部族公の家門フランク王国従属。 555年頃興り,788年カルル1世 (大帝) により公位を追われた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のアギロルフィング家の言及

【バイエルン】より

…部族大公国バイエルンは,6世紀半ば,西から迫るフランク王国と,西ローマ帝国の継承者を自負するイタリアの東ゴート王国との国際的角逐の中で,征服者フランク国王の手で設置された。大公アギロルフィング家Agilolfingerは,フランク王国の最前線に位置し,しばしば国王に似た独立的な地位を占めた。国内でも,教会網の拡充とそのフランク支配からの独立に努めた。…

※「アギロルフィング家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アギロルフィング家の関連キーワードタッシロ[3世]タシロ3世ドイツ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android