コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

従属 ジュウゾク

4件 の用語解説(従属の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じゅう‐ぞく【従属】

[名](スル)
権力や威力のあるものに依存して、それにつき従うこと。「大国に従属する」
主要な事柄に対して、それに付随または支配される関係にあること。「規約改正に従属する諸手続き」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じゅうぞく【従属 dependent】

確率論の用語。いくつかの事象があって,それらが互いに影響しあって起こる場合を指す。例えば,n本のくじの中で当りくじがm本であるとき,最初に引く人が当たるのと,次に引く人が当たるのとは従属している。すなわち最初の人が当たる確率はm/nで,この事象が起こったとしたとき,次の人が当たる確率(条件付き確率)はであるが,最初の人が当たらなかった場合は次の人の当たる確率はとなって同じではない。これに反し,最初に引いた人が,当たっても当たらなくても,引いたくじを元に戻せば,次の人の結果は前とは無関係になってしまう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の従属の言及

【独立】より

…偶然現象を数学的に記述する場合,根元事象の集りである事象Aとその確率P(A)を考える。二つの事象A,Bは,両者がともに起こる確率P(AB)がそれぞれの確率の積P(A)・P(B)に等しいとき,互いに独立であるといい,そうでないときは互いに従属であるという。いくつかの事象A1,A2,……,Anを考えるときは,その中の任意の部分Ap,Aq,……,Arに対してP(ApAq∩……∩Ar)=P(Ap)P(Aq)……P(Ar)が成り立つときA1,A2,……,Anは独立であるという。…

※「従属」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

従属の関連情報